マーチャントクラブ第3回勉強会 in 東京【優勝商品:菅智晃】

S__8896588

【第3回MERCHANT CLUB in 池袋 2015年1月24日(土)】勉強会の内容はコチラ。

この記事は2014年1月24日(土)に行われた第3回MERCHANT CLUB in 池袋を小川視点でまとめた記事となります。勉強会の内容はコチラの記事をご確認ください。

MERCHANT CLUB、2015年一発目は東京からスタートです!(場所はいつも通り、池袋でした。)菅さん直々に「結果を出すための考え方」を伝える機会はそれほど多くない中で、ガッツリ3時間にわたって話を聞ける機会は僕にとっても貴重な機会となりました。会場に足を運べなかったクラブ生の方は必ず映像をチェックするようにしてください。それでは、第3回MERCHANT CLUBを振り返ってみます♪

S__8896595

(勉強会が始まる直前の様子。ガヤガヤしています。)

S__8896593

(みなさん、真剣に話を聞いています。)

S__8896594

(Facebookの”真の”活用法について)

S__8896592

(撮影&編集は岡山さん。イケメンである。)

今回の勉強会のテーマは「人脈、コミュニケーション、先輩、仲間」でしたが、勉強会が始まる前に思っていたことは「一歩間違えると誤解を生む内容かもしれない。」というものでした。言葉で学ぶというより、その人の姿勢から学ぶテーマであり、体系化して話すことによって下心満載のチープな話になる可能性があると考えていたからです。ですが、そんな心配は不要で、「流石、菅さん!」状態でした。クラブ生にとって、何度も見返す価値のある勉強会だったのではないでしょうか?

菅さんにお話しいただいた勉強会の詳しい内容はコチラをご覧ください。

10426256_632156890245016_6427506515992855138_n

(縮小版の全体写真です。多くの方に足を運んでいただけました♪♪)

勉強会があるということは、交流会があるということですが、今回の交流会は一味違います!一次会からダーツバーを貸し切って行われました!

WS000002

上記はMERCHANT CLUBのFacebookコミュニティ内で菅さんが第3回MERCHANT CLUBの告知をした文章なのですが、自分自身で「優勝商品:菅智晃」と書いてしまうぐらい、交流会を楽しみにしている様子が伺えます。岡山県、愛知県、岐阜県、群馬県・・・と、遠方から参加していただいた方もいましたので、菅さんが負けたら本州の端の方まで運ばれる可能性が!!(ドナドナ状態ですね…)そして、シレッとマイダーツを持ってきているところに本気度が見えました。。。

S__8896590

(菅さんの乾杯のあいさつからスタート!)

S__8896589

(密かに見える白いダーツが、菅さんのマイダーツです。)

S__8896588

(ひたすらブルに入れるお仕事です。)

写真を撮り忘れてしまったのですが、廣世さんもマイダーツを持参して菅さんを苦しめたり、ダーツ初挑戦のえんまりさんの上達が著しかったり…と、ひたすら盛り上がっていました。(一方で、ダーツをしない人たちは真面目なビジネス談義!)菅さんは何度か負けつつも、最後の最後で勝利を納めた後ろ姿は、起業家そのものでした。

二次会で居酒屋に入った菅さんが発した第一声は…

S__8896585

「揚げ物、全部」

S__8896582

(この時23時ぐらいですが、皆さんまだまだ元気です。)

S__8896581

(午前3時頃になると、流石に疲労の色が見え始めました。笑)

S__8896580

(お店の営業時間が終了したので、お店の外でパシャリ。この時am4:00)

S__8896596

(始発まで時間があったので、その後、みんな一蘭にラーメンを食べに行きました♡)

ラーメンを食べ終えた後には電車も動き始めたので解散。第3回MERCHANT CLUBの振り返りは以上となります。(なお僕はその後、帰宅中の電車で爆睡してしまい家に帰るのが遅れて、休日会議更新がかなり遅れてしまいました。笑)

交流会に関しては若干記憶が怪しい部分もありますが、勉強会でお話いただいた言葉はきちんと頭に焼き付けておきました!がっつり学んで、がっつり遊ぶ♪MERCHANT CLUBらしさを発揮した1日となりました。ご参加いただいたクラブ生の皆様、今回もありがとうございました!

勉強会(真面目な)記事はコチラ。

MERCHANT CLUBに関してはコチラからどうぞ!

マーチャントクラブのでは説明会も行っておりますので、興味を持っていただけた場合は、お気軽にお声がけください。(無料です)

setsumeikai

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、大学3年の時に菅の著書を読んで、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担う等、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。 商品やサービスの開発、販促、LTVの向上施策を会員に指導しながら菅の新企画が面白そうな場合のみ、率先して関わるという楽しさ最優先の自由人。