コミュニケーションスキルが決定的な差となる理由。菅智晃講師

MERCHANT CLUB BOX.vol3

どれだけ利益をあげるための小手先のテクニックを学んでも、それだけは越えられない壁が存在します。難しい専門書を読んでいる博識な人でも、結果が出ているかと言えば別問題。○○の手法なるものを手当たり次第購入しても結果が出ない人はごまんといます。

今回のMERCHANT CLUB BOX vol.3では、様々ネットのテクニック以上に結果を出すことが出来る「考え方」と「その先にある視点」を中心にお伝えします。他ではあまり語られない事なだけに、自分のものにしてしまえば周囲と大きな差がつくでしょう。

<第3回MERCHANT CLUB勉強会 Part1>59:59

〜質疑応答〜

・WordPressのテンプレートやツールを配布する時の落とし穴とは?
・ビジネスを発展させていくための開発者との関係性とは?
・出版したいのであれば、方法は一択です。お勧めの出版方法とは?
・本は1冊出して終わりではありません。1冊目で当てる必要がある理由とは?
・音声は配って終わりは勿体ないです。こうやって再利用してください。
・セミナーでの集客が不安な場合、目安の把握方法は○○を利用することです。
・人数が集まらなかった時は○○で開催するのがオススメです。
・合宿を開催する場合はVIPの方に○○を提案するべき理由とは?
・売上を上げる特効薬です。○○講座はヒットする確率が高いです。
・○○講座の募集の流れです。価格は一般募集と比べて差をつけましょう。
・商品の価格帯が決められない時は○○を見ましょう。その理由とは?
・値上げ合戦に巻き込まれない価格の決め方とは?
・とにかく安く商品を販売することを避けた方が良い理由とは?

〜本編〜

・例外は1人もいません。成果を出している人が必ず経験していることとは?
・ノウハウだけで結果を出すことができない3つの理由とは?
・知るべきは結果を出している人の○○です。目を背けてはいけません。
・ビジネスで「人間関係」は2種類あります。片方が欠けると結果はでません。
・「ノウハウコレクター」とは、○○が先行することで陥ります。
・チャンスは溢れすぎている!?注目すべきポイントとは?
・書籍には書かれません。悩み事を効率的に解決するための方法とは?
・気兼ねなく意見を言い合える存在が貴重な理由とは?
・○○のために力をつけるべきです。モチベーションの源泉とは?
・コミュニケーションで成果を出すために取るべき施策とは?
・関係性を構築するための基本は自分から○○をすることです。
・名刺を配る行為に意味はありません。作るなら名刺ではなく○○です。
・プロフィールに奥行を出すために用意すべきものとは?
・結果が出ないどころか、損をします。教わる際に絶対にやってはいけないこととは?
・逆に学ぶ際に意識することで成果を出せる○○とは?
・「与える立場になる。」初心者でも出来る具体的な方法とは?
・使い方に注意です。○○なしでFacebookを使っても希薄な繋がりにしかなりません。
・その言葉で大丈夫ですか?情報を発信する際には○○が重要です。
・会社の絡みでFacebookが使えない場合は○○をしましょう。
・Facebookの投稿でいいね!を集める必要はありません。投稿すべき内容とは?
・Facebookで繋がるべきはお客さんではありません。繋がるべき相手とは?
・0から1はこうやって作ります。誰にでもできる、簡単な方法です。
・メールで○○は聞いてはいけません。送るべき内容とは?
・無理に自分を大きく見せる必要はありません。情報発信の肝とは?
・最初に狙うべきは○○のポジションです。展開の幅が違います。
・オリジナル特典は簡単に作れます。○○するだけで魅力的な特典の完成です。
・このパターンで失敗する人はいません。いかに○○になれるか?が勝負です。
・コミュニティで目立つことの真意とは?黄金パターンの解説です。
・人と会う前には必ず○○しておきましょう。5分の手間が一生を左右します。
・最もパフォーマンスの良い投資は○○ですが、○○募集には要注意です。
・「○○」と言われる存在になれば安泰です。ここを目指しましょう。
・人が集まる場所に行く時には○○できればOKです。それ以外は求めません。
・塾や講座には○○視点で参加すべきです。知恵を絞りましょう。
・視野が狭い人が多いですが○○するだけでポジションは簡単に取れます。
・最初にすべきは○○にメールを送る事です。もちろん、内容にも要注意です。
・コンサルをお願いする時には○○な人がオススメです。結果が出やすいです。
・結局のところ、着眼点は「○○」です。経験上、それ以外はありません。
・成果を出すポイントは○○な存在になることです。考え方1つと言えます。
・繋がりを軽視している人が、考え方を変えることで一瞬で成果を出せる理由とは?

<第3回MERCHANT CLUB勉強会 Part2>55:57

・基本ができていない人が4割です。メールの送り方で意識すべきポイントとは?
・本当はココで効いてきます。自分のメディアを持っておくべき理由とは?
・購入者の立場でも勘違いをしてはいけません。見られているポイントとは?
・各種SNSで絶対に投稿してはいけない内容と、その理由とは?
・投稿する内容で今後のビジネス展開が変わります。投稿すべき内容とは?
・あなたは大丈夫ですか?所属することで絶対に成果が出ないコミュニティとは?
・こんな人には近づいてはいけません。当然、そうなってもいけません。
・できていない人が多すぎます。販売協力をお願いする時の最低限のマナーとは?
・○○を用意することで、紹介して貰える確率がぐーんとアップします。○○とは?
・こんなお願い方法はダメです。意外とやってしまう過ちとは?
・特典に関しても準備が必要です。用意すべき特典の種類とは?
・実際にお願いをした時に、どんなメッセージを送ったのか?実例をどうぞ。
・100万円の広告費を払う以上の効果が3万円で得られた実例と理由とは?
・相談する際には○○を必ず持ってください。これが無ければ、成果は出せません。
・返ってくる答えに雲泥の差が出てきます。質問する時に心掛けることとは?
・○○気分でメールを送る人は絶対に成果が出ません。要注意です。
・メール1通で差をつけることができます。それが○○の報告です。
・メール相談を受ける時には意識しましょう。2行のメールには○行で返します。
・久しぶりにメールのやり取りをする時には○○の内容を入れて返信しましょう。
・人と組む時に○○で組んでしまってはいけません。トラブルの元です。
・教える時に○○を求めることは厳禁です。割り切りましょう。
・率先して○○を取れる人間になりましょう。収入と比例する部分です。
・読者を集める時に意識すべきポイントとは?
・無料コンテンツを作る時には用意すべき2種類のコンテンツとは?
・多くの人が1種類のコンテンツしか用意しない理由とその機会損失とは?
・読者さんに対して忘れてはいけない「○○」の心構えとは?
・メルマガ送信時に○○をすることで距離がグッと近づきます。○○とは?
・お客さんに対する距離の取り方と鉄板のビジネス展開方法とは?
・全てを自動化してはいけません。自動化することで失われるものとは?
・メールでサポートを貰う時に設けるべき”制限”とは?
・読者さんの温度差には注意が必要です。温度差を埋める方法とは?
・興味の無い人に情報を提供してはいけません。まずは○○しましょう。
・反応を得やすいブログやメルマガを書くための5つのポイントとは?
・情報を発信する時に○○を武器にしてはいけません。等身大でOKです。
・実績が無くても販売が成り立つ紹介方法とは?
・販売者が語れない部分を語りましょう。レビュー時は○○に注目しましょう。

<第3回MERCHANT CLUB勉強会 Part3>22:30

・登録後の1通目に入れるべき内容は○○です。○○を入れるべき理由とは?
・商品を販売までに送るメールは○通ぐらいです。入れるべき内容とは?
・メルマガで意識すべきポイントはコレです!だからこそ○○はNGです。
・商品を販売する時には○○を作りましょう。絶対に必要です。
・0からの人にもお勧め!「箱型ビジネスモデル」とは?
・「箱型モデル」が誰にでも出来る方法を遂に発見しました。このサイトです。
・テーマを「○○+地域」にすれば、一定の需要を見込めます。
・Facebookで講師を見つける時のポイントは○○できない専門家さんです。
・人付き合いで重要なことは○○を変えないことです。是非、意識して下さい。

 


MERCHANT CLUB BOX Vol.03
非売品

マーチャントクラブメンバーは「クラブメールマガジン」より閲覧できます。クラブメールマガジンのフッターに記載されているURLをクリックして下さい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アイマーチャントの代表取締役をはじめ8社の役員を務める経営者。 小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。2003年、個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開出来るビジネスモデルを構築。自社が得意とする6つのモデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。 著書「小さくて強い会社の作り方」「メール起業40の成功法則」