自己発送の強い味方!メール便に代わるサービスは「クリックポスト」

S__9764866

こんにちは!アイマーチャントの小川です。仕入れ資金3万円でセット本せどり実践中です。

先日スタートした「せどり部01:3万円でせどりをスタートするなら、セット本!」でお伝えした通り、せどりをスタートさせるわけですが…中山部長に許可いただいた特別ルール「自宅の不用品を売っても良い」という部分をどうやってクリアするかを考えていました。

自宅にある不用品はゲームや書籍がほとんどです。ゲームは中古品としてFBAに出して販売するとしても、書籍に関してはFBAに出しても利益が取れる気配がありません…(涙) 不用品処理は一度限りのことなので、手間を掛けて自己発送での販売をしようと考えました。

そうなると問題は配送方法です。仕事の関係でヤマト運輸のメール便はよく利用させていただいていたのですが、2015年3月いっぱいでサービスが終了してしまいました。普通郵便にはない追跡機能が便利だったのに…と残念に思っている人も多いはず。(僕もそのうちの1人です。)

コンビニで完結できていたポイントも非常に大きなメリットの1つでして、メール便が終了した段階では「スマートレター」というサービスを利用していました。

smart

コンビニで専用の封筒が売っているので、買ってきて中身を入れてポストに入れるだけで簡単なのですが、メール便と比較すると料金が高くなってしまう点と追跡サービスが無い点が悩みのタネでした。

お勧めサービスは「クリックポスト」です。

そんな中、中山さんにお勧めいただいたサービスが「クリックポスト」です。

click

スマートポストと同じく日本郵政によるサービスですが、より安い料金で利用できて追跡サービスも利用できるという優れものです。

クリックポストの特徴を羅列してみると…

・日本全国一律料金:164円
・追跡サービスを利用できる
・ポスト投函でOK
・重さは1kgまで
・サイズは長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以内(A4サイズは29.7cm×21cm)
・信書・現金の郵送はNG
・Yahoo!IDが必要
・支払いはYahoo!ウォレットのみ

厚さが3cmまでOKなサービスは少ないので、少し厚い本でも問題なく送ることができます。

大よその疑問点はQ&Aページに載っているのですが、いくつかピックアップしてみます。

クリックポストで送って届く日数は?

メール便を利用していた時に困ったのは届くまでに結構時間が掛かるという点です。東京から九州までDVDを送った時には、結構時間が掛かってしまいました。(それ以来、遠い場所に対しては速達を使うようになったぐらいです。)

その点、クリックポストでは一般的な普通郵便と同じ日数で配達されようです。メール便よりは早そうな印象を持ちました。

支払について

クリックポストはYahoo!と郵便局の協力によって成り立っているサービスです。利用にはYahoo!IDが必要であること、Yahoo!ウォレットでの支払いが必要になる点は既にお伝えしました。

詳しくは記事の後半で説明しますが、郵送する際には先払いでお金を払い、専用のラベルを貼ってポストに投函する必要があります。お金を払った後、どの程度の余裕期間は「7日間」です。(返信封筒でクリックポストを利用する形は実現が難しそうですね…)

ラベルの手書き修正は可能か?

クリックポストではパソコンで入力した内容を印刷し、郵送物に貼り付けます。ポストに投函する前に宛名が間違えていることに気づいた場合は手書きで修正することができません。決済手続き完了前であれば、パソコン上で配達情報を変更してから印刷することが可能です。決済手続き完了後は新たに申込みしなおして利用するのですが、その場合に新たにお金はかかりません。(発送前であれば、キャンセル処理を行わなくても決済処理は行われません。)

詳しくは「よくあるご質問・お問い合わせ」からご確認ください。

クリックポストへの登録方法

それでは、実際に利用するための手順を確認していきましょう。

1.クリックポスト専用ページよりYahoo!IDでログインを行います。

click2

2.会員情報を入力する

click3

3.登録完了後、メールが届きます。

click4 click5

メール内のリンクをクリックすることで登録は完了です。

これで準備は完了です!実際に郵送した際には追記させていただきます。

 

S__9764866

いつもシェアをありがとうございます!

書籍に書ききれなかった真実の告白(50分間)

小資金で出来るビジネスモデルの詳細とは別途、実体験で得た結果に繋がるビジネスの考え方を50分の動画で公開中です。「小さくて強い会社の作り方」はこの動画で「視野と視点」を補填でさらに飛躍します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2008年、大学3年の時に菅の著書を読んで、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担う等、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。 商品やサービスの開発、販促、LTVの向上施策を会員に指導しながら菅の新企画が面白そうな場合のみ、率先して関わるという楽しさ最優先の自由人。