インターネットビジネスは視点の数で勝負が決まる

第9回マーチャントクラブ勉強会MERCHANT CLUB BOX9は、7月25日にSmall Business Essential Seminarとして初めて公で募集をして100名規模で開催しました。普段の勉強会は10名〜20名ほどの小規模を貫いていますが、夏のお祭りとしてのイベントをしようと、2人に声をかけて企画がスタートしました。

講師は第4回の勉強会でも講師を務めてくれた小澤くん(クラブNO.16)、マーチャントクラブの数少ない女性陣の代表であるえんまりさん(クラブNO.33)、そして僕(菅智晃)の3名で行ないました。詳細は、「視点の数を増やせばビジネスは上手くいく」という当時のセミナー募集記事に書いてあります。読むだけでも学びがあるように工夫して書いていますので、ぜひご覧になってみてください。

ビジネスは視点の数と視野の幅で、おおよそ出来る事業規模が決まります。わかりやすく年商で例えるなら、100万円も1億円も「戦略」に変化はなく「戦術」も意外や意外、細かい部分に変化はありますが大体同じです。

マインドとはまた違う、利益に直結する視点の話を盛りだくさんでお届けします。

<Small Essential Business Seminar:小澤竜太講師>69:09

・2015年以降のネットマーケティングで成功するカギは「楽しい」です。その真意とは?
・「楽」と「楽しい」の違いを理解することが必須です。楽しさを発信するとは?
・絶対に参加してはいけない「楽して稼ぎたい者同士のマッチングビジネス」とは?
・ビジネスは楽じゃない!?ビジネスにおける本当の「楽」とは?
・夢見せる系ビジネスの構造に気づかなければいけません。楽して稼いでいるのは○○。
・「○○に誇れますか?」この基準がクリアできていれば実践して大丈夫です。
・転売系情報発信者の大多数が同じルートを辿っています。失敗する情報発信とは?
・情報発信をする時に意識するべきは「楽しさ」である理由とは?
・楽しいだけで価値があります。楽しさを伝えて成果を出している最たる例は○○です。
・バンジージャンプでコンサル契約!?楽しさを伝える本当の強さとは?
・「稼げます!」と一言も言わずに、人が集まる理由とは?
・コミュニティも重要なポイント。コミュニティで楽しさを伝えることで集まる人とは?
・数字だけで勝負する「戦闘力」を上げることをお勧めしない理由とは?
・誰もが情報発信できる時代です。最初から情報発信すべき理由とは?
・サービス提供者にとって一番つらいお客さんとは?
・購入者と販売者がお互いにメリットを受けるために伝えるべき内容とは?
・2015年以降の情報発信において肝となるのは「コミュニティ」です。その理由とは?
・情報発信は最低でも3ヶ月は継続すべき理由とは?
・楽しんでビジネスをやるために取り組むべきは○○です!
・「稼ぎやすいから…」という理由で商品を紹介してはいけない理由とは?
・仲間が集まり、楽しみながらビジネスをするために意識すべきポイントとは?
・自分を知ることがやりたいことに繋がります。自分発見するための6つワークとは?
・情報発信とはこういうことです。1人に伝えることで多くの人に伝わる事例とは?

<Small Essential Business Seminar:池田佳史子講師>70:59

・副業でアフィリエイトをしていた際に感じた「違和感」の正体とは?
・どんなビジネスにも終わりがあります。ジャンルや手法に依存しない明確な理由とは?
・ビジネスを実践する際に重要視すべきは間違いなく○○です。○○とは?
・うわべの手法やテクニックはすぐに終わります。本質を見抜くための「目」とは?
・ビジネスの世界で長く生き抜くためには必要な人物像は○○に囚われないことです。
・あなたが楽しみ、稼げるビジネスを作るための5ステップとは?
・好きを軸にするビジネスを構築するために必要な2つのワークとは?
・自分の知らない自分を知るためにすべき、逆説的な方法とは?
・趣味をビジネスに活かせるかを判断できる1つの質問とは?
・自分が持っているスキルだけがビジネスになるわけではありません。判断基準とは?
・カッコ良さそうという基準はアウト。他人の価値観で選んではいけない理由とは?
・万が一、何も見つからない場合にすべき3つのステップとは?
・新たなビジネスモデルを見つける必要はありません。目を向けるべきポイントとは?
・誰からでも意見を聞くべきではありません。話を聞くべき人とは?
・ビジネスは1人だけでは絶対に成り立ちません。協力を得るべき人とは?
・ビジネスに失敗はつきものです。失敗を怖がらない心構えが必要な理由とは?
・勝手に方法を限定していませんか?方法を限定することでデメリットが多い理由とは?
・信念は捨ててはいけませんが、拘りは捨てましょう。手段は重要ではない理由とは?
・ブランディングは意識すべき。ブランドの明確な定義と意識すべき明確な理由とは?
・自分ブランディングを作る時に意識すべきポイントとは?
・自分ブランディングの一番のメリットは「捨てる物がわかること」です。その理由は?
・コンセプトの定義は「そのビジネスを○○で表現できること」です。
・ブランドとコンセプトは関係性の理解が必須です。2つの関係性とは?
・「ビジネスプラン⇒集客⇒販売」の流れでブランドとコンセプトが関連する部分とは?
・自分の良さを最大限引き出すブランドとコンセプトを作るために一番必要な要素とは?
・集客の種類は様々ですが、大枠では4種類しかありません。4つの集客タイプとは?
・ネット集客の4つのメリットと6つのデメリットから導く、身に付けるべき手法とは?
・リアルを組み込むことでお互いの満足度が高まる4つの理由とは?
・ビジネスは誰よりも自分が「楽しむ」必要があります。その理由とは?
・販売戦略の基本と商品設計の流れは正反対です。商品作成で取るべき流れとは?
・小さく始めるビジネスでは、○○が必要です。正しいビジネス構築フローとは?
・最初に直接○○を確認しましょう。あとは広げていくだけです。
・自分のビジネスを0から構築する3ステップとは?
・需要のある商品作成方法とは?
・ビジネスをスタートさせる前に○○を決めましょう。意外とつまづく方が多いです。
・ビジネスは簡単でシンプルなものです。小さな問題解決がビジネスになるとは?

<Small Essential Business Seminar:菅智晃講師>92:32

シークレット

 


MERCHANT CLUB BOX Vol.09

非売品(マーチャントクラブメンバー限定

マーチャントクラブメンバーは「クラブ限定メールマガジン」から閲覧できます。クラブメールマガジンに記載されているURLをクリックして下さい。

第9回マーチャントクラブ勉強会

いつもシェアをありがとうございます!

書籍に書ききれなかった真実の告白(50分間)

小資金で出来るビジネスモデルの詳細とは別途、実体験で得た結果に繋がるビジネスの考え方を50分の動画で公開中です。「小さくて強い会社の作り方」はこの動画で「視野と視点」を補填でさらに飛躍します。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アイマーチャントの代表取締役をはじめ8社の役員を務める経営者。 小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。2003年、個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開出来るビジネスモデルを構築。自社が得意とする6つのモデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。 著書「小さくて強い会社の作り方」「メール起業40の成功法則」