プロダクトローンチを再定義。37名の読者で230万。伊藤勘司講師

0926_kankan-106第11回マーチャントクラブセミナーは、クラブNO.10の伊藤勘司さんことカンカンに登壇していただきました。セールスコピーライター兼プロモーターである伊藤勘司さんのプロフィールは「企人礼賛」をご覧下さい。僕にとってはマーケティングトークに花が咲くマーケティングオタク仲間です。笑

確か初めて会ったのは去年の春頃。当時は独立してまだ日が浅かったと思うのですが、会って少し話をした時から「これは久しぶりに未来の化け物と出会った!」という感覚でした。マーケティングトークで一緒に盛り上がれるのは添田真人さん以来、7年ぶりの逸材!

以降はカンカンと事務所で語らったり、他のプロジェクトで一緒になったり、飲んだり食べたり、そしてクラブNO.10というエース番号をしっかりゲットしていたりと、隅におけない力のある経営者です。

セミナータイトルは「37リストで230万円を売上げるミニプロダクトローンチ」。昨今の広告費回収に躍起になるローンチとは異なり、「再定義」したカンカンの手法は小資金で小さな個人が即座に活用できる内容となっています。

大半のローンチの仕掛人は、DRMにおける「教育過程」がおそろしく雑なので、利益率も悪く単発で終わります。対話の部分を蔑ろにするのではなく、アナログ要素をどう交えていくかで大きな差がつきます。

37リスト(そのうちの1人はうちの小川健太)なので、36名の読者で230万円の利益というのは物凄く僕好みのプロモーション。長期継続していく会社の特徴は「一定数のお客さんからの支持がある」という点です。

カンカンのプロモーションは長期継続を見据えての展開であるため、効率化できる部分とアナログ要素の入れどころがオシャレです。ぜひクラブメンバーは必須で身につけて下さい。

<MERCHANT CLUB BOX.vol11:伊藤勘司講師>

・広告費、動画、レター不要で売上を立てる”ミニ・プロダクトローンチ”とは?
・ゼロから「売れる」ビジネスを立ち上げる効率的な方法とは?
・ブログやメルマガから効果的に収益を上げる道筋をお伝えします。その方法とは?
・ビジネスは3つの要素の組み合わせです。その3要素をお伝えします。
・ビジネス開始時の3つの悩みに答えが隠れています。その悩みとは?
・”あなたにお金を払う人”はズバリこんな人です!3つの条件とは?
・プロダクトローンチがあなたの悩みを解決する明確な理由とは?
・大規模にやる必要はありません。弱者のためのプロダクトローンチとは?
・プロダクトローンチは難しくありません。単純な3STEP構造とは?
・単純にコンテンツを渡しても意味がありません。気を付ける要素のバランスとは?
・プロダクトローンチで対話をする理由は○○の精度を上げるためです。
・高額商品を販売するためのメカニズムを理解と成約率向上のポイントとは?
・ローンチでは無形商品を売りましょう。無形商品と相性の良い理由とは?
・強者のローンチと弱者のローンチでは実施方法が異なります。その明確な違いとは?
・37リストで230万円を売り上げたミニ・プロダクトローンチ戦略とは?
・14ステップで構成されるミニ・プロダクトローンチの全体像とは?
・ローンチで商品やサービスを販売する時に相性の良い鉄板の3ジャンルとは?
・簡単なひと手間で反応率が8倍!その施策をお伝えします。
・関係性構築には○○が最適です。ポイントは”売らないこと”です。
・反応率30%を維持するためのポイントです。読んでくれない人は○○しましょう。
・アンケートを取る明確な3つの理由と、回答率を上げる施策とは?
・コンセプトは変えていきましょう。精度を上げて、刺さりやすくする方法とは?
・母数が少なくても売上が立つ理由がコンセプトにある理由とは?
・WEBセミナーへの受講者は数人で十分です。実施すべき3つの理由とは?
・そのまま走ってはいけません。販売直前に再度アンケートを取り直す理由とは?
・セールスレターはPDFで十分です。コピーライティングが重要でない理由とは?
・商品の価格を決めずに販売!?お客さんに値段を決めてもらう理由とは?
・フォローメールは毎日送りましょう。送るべき内容とその理由とは?
・マネしてください。成約率100%のクロージングスクリプトを公開します。
・「マーケティングとは排除である。」その言葉の真意とは?
・ブログ立ち上げから3ヶ月〜半年で成果を出すキーワードは「リアルタイム」です。
・商品に迷ったら高額企画(塾)を売りましょう!その理由とは?
・高額商品の販売に躊躇する人は自己中心的です。本当に考えるべき部分とは?
・売れる高額商品を作るためのコツです。伝えるべきメリットと根拠とは?
・商品の価格は誰でも上げられます。付加価値を高める5つの方法とは?
・極端な話、誰でもできます。「読者と楽しくやれば売れる。」の真相とは?
・上手なセールスの元には変なお客がくる。リテラシー理論とは?
・たった1回のセールスで大きく売ってはいけません。奇跡のサークルを作りましょう。
・リスク0でビジネスを成長するカギは、○○を大切にすることです。
・プロダクトローンチを販売手法と捉えることをやめましょう。その真意とは?
・わざわざ成約率を落とす仕組みを入れている理由とは?
・「リスト数」至上主義の時代は終わりを迎えます。目指すべき方向性とは?
・時代は山口百恵からAKB48へ。アイドル市場から考える市場の細分化とは?
・従来の売上の方程式は変わりました。WEBセールス新3原則とは?
・リスト数は不要です。大事なのは深い○○の構築です。
・「稼ぐ」だけでは人はついてきません。求められているのは○○な提案です。
・売って終わりの時代は古いです。”ローンチは共同事業者を見つけるもの”とは?
・商品を販売する側が人を選ぶ側!?殿様商売をすべき理由とは?
・人を選ぶ場合は、こう選びましょう。優秀な人材を決定づける3要素とは?
・次のステージへの第一歩!コンサル生と共同事業をするコツとは?


MERCHANT CLUB BOX Vol.11

マーチャントクラブメンバー限定

マーチャントクラブメンバーは「クラブ限定メールマガジン」から閲覧できます。クラブメールマガジンに記載されているURLをクリックして下さい。

0926_kankan-106

いつもシェアをありがとうございます!

書籍に書ききれなかった真実の告白(50分間)

小資金で出来るビジネスモデルの詳細とは別途、実体験で得た結果に繋がるビジネスの考え方を50分の動画で公開中です。「小さくて強い会社の作り方」はこの動画で「視野と視点」を補填でさらに飛躍します。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アイマーチャントの代表取締役をはじめ8社の役員を務める経営者。 小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。2003年、個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開出来るビジネスモデルを構築。自社が得意とする6つのモデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。 著書「小さくて強い会社の作り方」「メール起業40の成功法則」