最終回:今だから話せるセット本せどりの話

setbon

こんにちは!アイマーチャントの小川です。

仕入れ資金3万円でセット本せどりを実践する本企画も、久々の更新となりますが、それにはセット本せどりを取り巻く大きな環境の変化が関係しています。今回は音声のお届けと共に、そのあたりの事情もお話していきたいと思います。

音声の前に、まずは結果発表!

今回の企画は「素人が3万円を10万円にする企画」というものでした。先に結論から申し上げましょう。3か月目で単月利益10万円を達成することができました!記事としては2か月目の報告で終わっていましたので、まずはその話からチラホラと…(下記が2か月目終了時点での記事です。)

【せどり実践報告】実践2ヵ月目の月商は96,155円でした!

2015.10.01
sedoriuriage

セット本せどりを始めた8月(初月)の売上が37,681円、9月が96,155円、10月が118,370円となり、3ヵ月の合計売上金額が252,206円となりました。これは月商なので利益ではありませんが、「仕入れ資金3万円」という縛り、仕入れ頻度が週1回以下での結果としては上々のものでした。

3か月実践を続けてきた中で独自のノウハウが固まってきたこともあり、2015年10月25日にYoutubeLiveでWebセミナーを開催しました。

youtubelive

手前味噌な話ではありますが、このWebセミナーはなかなか秀逸でして月商100万円を超えるせどらーさんからも「目から鱗が落ちました。」という感想をいただいていたりします。(現在は非公開とさせていただいております。)

その後、セット本せどりに興味を持ってくださった方に向けて「セット本せどり講座」を開催し、購入者様にノウハウをお伝えすることに専念していました。

kouza

(10月に講座に参加してくださった方)

つまり、まとめると10月の段階で利益10万円は軽々突破していました。

なぜ更新を止めていたのか?

セット本せどりの講座を始めるにあたり、セット本せどりの更なるノウハウをサイト上で公開することをやめていました。その理由は単純で『講座受講者の利益を守るため』です。

少し言い訳がましいような感じがするかもしれませんが、これは本当です。どこかでお話したことがあるかと思うのですが、物販の場合「情報の劣化スピード」が凄まじく、情報を公開すればするほどデメリットがあることを実感しました。

別の記事の中に「売れた商品」を公開していたのですが、それらの商品の相場がことごとく値下がりするという残念な結果になったことが複数の商品で発生しました。

それだけ多くの方に見ていただいているということでもあるのですが、優先すべきは購入者さんの利益だと考えたため、記事にして公開する形ではなく、購入者メルマガとして配信するスタンスに変更していました。

merumaga1 merumaga2 merumaga3

(2016年1月12日までの配信状況)

購入いただいた方は全員が関東圏の方だったこともあり、全員の方と直接お会いさせていただき、一緒にブックオフを巡って仕入れの方法をお伝えしたり、お茶を飲みながら(もう少し広い視点からの)今後の戦略を話し合ったり、集まれる人で新年会を開催したりと、(セット本せどりの枠組みを超えて)コミュニケーションを取りながら楽しく有意義な時間を過ごさせていただきました。

少し話がズレてきましたが、せどりに関してはここ3か月間ほど内側ばかりで活動をしてきましたので、詳しい事情を知らない方からは「せどり、もうやめちゃったんですか?」と聞かれる始末でした。(笑)…ゴリゴリにやっていたのですが、確かに外から見たらそう見えますよね。

これはマーチャントクラブ内の他の部活でも言えることなのですが、「外部から見える形で活動すること」が非常に難しいなぁ…と感じます。基本的にクローズドなコミュニティの中での活動なので、いくら活発に活動していたとしても、外からは全く活動していないように見えてしまいます。

そもそも、この音声企画は「マーチャントクラブでの部活動の様子を外部に見える形でやってみよう!」という考えで僕の実践記としてスタートしたものなのですが、ノウハウとして販売してしまったことで、受講者の利益を守るという意味で出せない部分が出てしまったことは大きな大きな反省点です。…販売開始前に気づけよ!という話なのですが、普通に頭が悪かったです。(笑)

このタイミングでこの記事を書いているのは、「講座で設定した期間が間もなく終了するタイミングということもあって、これまでの空白期間を記事にまとめてみました。」というのが、本音の部分だったりします。

セット本せどりを取り巻く環境の変化

ここまで、こちらの事情の話にお付き合いいただき、ありがとうございます。ここから、少し大事な話をお伝えします。今回お届けする音声は数か月前に収録したものでして、セット本せどりに取り組む際の注意事項をじっくりとお伝えしたものです。基本的な考え方は今でも変わっておりませんが、言いそびれていた部分と現在は変わってしまった環境の話があるので1つずつお伝えしていきます。

1.セット本せどりでは月3万円の利益を目指す

まず初めにお伝えしなければいけないことは、「セット本せどりでは、大きな金額を目指すべきではない」ということです。セット本せどりは確かに簡単で、再現性が高い方法ですが、大きな金額を目指す手法ではありません。新品のせどりと比較すると梱包の手間がありますし、サイズ的にもある程度の場所を取ってしまうので、数を販売することに向いていません。また、商品数を増やすためには単純に仕入れに行く回数が増えることに繋がるので、大きなメリットである「気軽さ」を失ってしまいます。

セット本せどりで体得すべきポイントとは「せどりの基本を実感すること」であり、そのための金額目標は月商10万円、利益3~4万円で十分です。「仕入れ → 販売 → 入金 → 仕入れ」という『小さくても回るサイクル』を小資金で体験して貰うのに適したノウハウであり、せどりの入門として活用してください。セット本せどりだけで大きな金額を目指すのは絶対にやめた方がいいです。

2.参入者激増による相場の崩れに注意

僕がセット本せどりに挑戦し始めた時には、ほとんどの方が「セット本せどり」に見向きもしていなかったので、非常に平和な市場が展開されていました。ですが、2015年の年末頃からセット本せどりに焦点を当てた教材やツールが販売されたり、大御所の方が「セット本せどりはなかなか良いですよ」という発言をしたりと、セット本せどりに取り組まれる参加者が非常に増えました。

これまでに書いた記事へのアクセスがとても伸びていることからも分かる部分ではありますが、仕入れに行った時に仕入れるべき商品がほとんどないケースが増えてきたことや、全体的に相場価格がガクンと下がってきていたことから、肌感覚で実感しています。

これは僕の勝手な予測ではありますが、あと2~3ヶ月もすれば新規参入された方のほとんどはセット本せどりの実践をやめ、別ジャンルへと移って元の相場観へと戻っていくことでしょう。

「荒れている時には手を出さない」というのが僕の鉄則ではあるのですが、月商10万円・利益3~4万円であれば現状でも達成することは可能ですので、興味を持った方はチャレンジしてみることをお勧め致します。

それでは、今までの振り返りも兼ねて音声をチェックしてみてください!(今回はすごく真面目かつアツく語っています。)


 

←【せどり部06:セット本せどりのメリット・デメリット】

 

それでは、また次回の企画でお会いしましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、大学3年の時に菅の著書を読んで、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担う等、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。 商品やサービスの開発、販促、LTVの向上施策を会員に指導しながら菅の新企画が面白そうな場合のみ、率先して関わるという楽しさ最優先の自由人。