Instagramのフォロワーを増やす4つの方法とは(連載03)

さて、Instagram活用の連載3回目となりました。ここまで、Instagramをどうビジネスに活用していくかという話を、概要として説明していきましたが、おそらくこの連載を読んでくださっているみなさんは、じゃあ具体的に何をしたらいいの?とお考えなのではないでしょうか。

ということで、今回から具体的にどうアクションしていくかという実践編に突入します。

フォロー関係なしではInstagramマーケティングは不可能

Hisataka_Haraさん__hysataka__•_Instagram写真と動画Instagramに限らず、SNSをビジネスで使うためにはまずフォロワーを獲得することが必須です。TwitterもFacebookもフォロワーや友達が少なければ、どんな有益な情報を発信してもただの独り言になってしまます。これはInstagramも同様です。

フォロー関係になり、フォロワーのタイムラインに自分の投稿が流れて、さらにはそれに「いいね」してもらいコメントされることで、フォロワーとの関係性を深化させるのがSNSマーケティングの基本です。

前回、自分のホーム画面の世界観に関して説明しましたが、まずいくつかの写真を投稿し、ホーム画面であなたがどんなことをしているのかを他のユーザーが感じ取れるようになったら、次にフォロワーを増やしていきましょう

Instagramでのフォロワーの増やし方は4つの方法がある

もしあなたがSNS慣れしているのであれば、Instagramでフォロワーを増やす方法を理解することはそれほど難しくはありません。InstagramはTwitterに近い感覚でフォロワーを増やすことができます。Twitterでフォロワーを一生懸命増やした経験があるなら、ほぼおなじやり方でInstagramでもフォロワーが獲得できます。

と言ってもピンとこない方のために、具体的にその方法を説明していきましょう。

Instagramでフォロワーを増やす方法は4つあります。

  1. 他のユーザーに「いいね」をつけて自分のホームや投稿を見てもらい、いいねやフォローを受ける
  2. 他のユーザーをフォローしてフォローバックしてもらう
  3. Facebookやレンレク先とInstagramアカウントを連携しフォローすることでフォローバックしてもらう
  4. WEBサイトにInstagramのフォローボタンを設置する

この4つがInstagramでのフォロワーの増やし方の基本となります。

基本となるのはInstagram上でのフォロワー獲得

この中で特に力を入れて欲しいのが1と2の方法です。

3のFacebookの友達と繋がるのはすでに知っている相手と繋がるわけですから、Instagramであらためてフォロー関係になるメリットは薄いと言えます。また、経験上Facebookでの友達はInstagramでの反応が薄いことが多いようです。同じ相手に二つのSNSで反応する必要は薄いからでしょう。Facebookでつながっている相手にはFacebookで情報発信すれば良いのですから。

4のWEBサイトからの流入は、パソコンからInstagramにログインし、自分のアカウント画面を表示し「プロフィール編集」から「バナー」でコードが作成できます。

フォローボタンを生成

プロフィール編集画面の「バナー」でフォローボタンのコードが生成できるので、ブログなどに貼っておこう。

WordPressなどのCMSを使っていればプラグインでフォローボタンを作れば、あとは特にすることはないでしょう。(記事などで積極的にアピールすることはできますが)

そもそも自分のWEBサイトへのアクセス数がよほど多くない限り、WEBサイトからのフォロワー増加はあまり期待できません。

「いいね」などの利用制限の回数に注意

ということで、今回はInstagramでのフォロワーの増やし方は4つある、というお話をしてきました。

次回はその中から1の「いいね」をつけることでフォロワーを獲得するための方法について説明していきます。

前述の通りInstagramでのフォロワーの増やし方はTwitterに近い感覚でできますから、待ちきれない!という方は先回りして「いいね」でフォロワーを増やしてみましょう。

一つだけ気をつけて欲しいのが、Instagramの「利用制限」です。これは、新規や活動が少ないユーザーには特に厳しく、「いいね」をつける数やフォロー、フォロー解除の回数が制限数を超えるとそれ以上のアクションができなきなります。

「いいね」の制限は1日に800〜(アカウントによって異なる)となっているといわれていますので、手動で「いいね」するのであれば十分な数ですからまずはこの回数以下で「いいね」を色々なユーザーにつけてみてください。

記事の執筆とともに筆者のアカウントも実践しながらパワーアップさせています。興味がありましたらフォローしてその推移をご確認ください。と、自分でハードル上げておきます(笑)

筆者のInstagramアカウント

 

Hisataka_Haraさん__hysataka__•_Instagram写真と動画

いつもシェアをありがとうございます!

書籍に書ききれなかった真実の告白(50分間)

小資金で出来るビジネスモデルの詳細とは別途、実体験で得た結果に繋がるビジネスの考え方を50分の動画で公開中です。「小さくて強い会社の作り方」はこの動画で「視野と視点」を補填でさらに飛躍します。

ABOUTこの記事をかいた人

東京都杉並区出身。愛知学院大学文学部心理学科中退。セールスプロモーション&アドバタイジングプランナー/デジタル系書籍・記事執筆、セミナー・スクール講師、WEBコンテンツクリエイター。T専門の広告代理店ディレクターとしてBUFFALO、ブラザーなど地元IT企業の広告、販促ツールを制作。27歳で個人事務所として独立。その後はトヨタ自動車の海外向け販促ツールなどのプランナー、クリエイターとして活動。クリエイティブ以外にもデザイン専門学校講師やインターネット黎明期にセミナーの講師としても活動。2012年から2014年にかけて計16冊の単行本、ムックを執筆。