高根知明さんがマーチャントクラブに入会した理由

IMG_2222

“菅智晃”
高根さんはマーチャントクラブNO.12。初期の募集開始の時からマーチャントクラブへの参加を決めて、東京勉強会だけではなく、遠征にも積極的で瞬く間に交流を深めていきました。

マーチャントクラブでは既に独立している経営者が7割ですが、3割は新進気鋭の活力ある方々が参加されています。高根さんもその1人で、母校の同窓会幹事をきっかけに、人に喜ばれる事や感謝される事にやりがいを感じ、ビジネスでも同じように展開していきたという思いでクラブでの学びを決意されました。

マーチャントクラブNO.12 高根知明さん

“小川健太”
高根さん、マーチャントクラブに入ろうと思った理由を教えていただきたいですっ!!

IMG_3557<高根知明>

僕の場合3年ほど前からかな?菅さんのメルマガ読者で、いつかご一緒してみたいと思っていました。名前も同じ「ともあき」ですし。あ、あんまり関係ないか(笑)今までセミナーやコンサル(これは一度だけですが)に参加しては、何もアピール出来ずに悔しい思いで帰ってきました。

満足に行動してないんだから当然ですよね。自分自身で色々ブレーキをかけてきたんだと思います。このままでは何も変わらないと思い、とりあえず何かできることからやってみようと、そこで去年同窓会の旗振り役を買って出てみたんです。

そうしたら、あちらこちらから、まったく想像を超えた感謝の声をいただいて、今までにない幸せな気持ちになったんです。そのときふと、菅さんの顔が浮かんできたんです^^;

休日会議をその頃から聴き始めてたのかな?美しい師弟コンビの掛け合いにも羨ましさを感じました。このタイミングで飛び込んでみようかな。と、素直に思えました。うまくまとまらなくてごめんなさいね。照


“小川健太”
菅さんと話してみたいと思った理由はどのあたりにあるのでしょうか??

S__12296282
<高根知明>
人を大事にされているなあ、と非常に強く感じたので、金儲けプラスアルファの楽しい人生を送るヒントがあるんじゃないかと思ったからかな。責任感あるビジネスを学ぶチャンスも感じました。自分が死んだ時に、一人でもいいので感謝されるような人生を送りたいな、と今は思っています。みなさんが楽しくやっておられる裏でどんだけ努力されてるか、もっと影響を受けたいと思っています。


僕が独立した時は13年前、一緒に活動してきた友人や先輩の多くは40代〜50代となっています。凄く可愛がってもらっていて、僕もビジネスで力をつけてお返しが出来るようにと、先輩方に負けじと結果を出していきました。その記憶が強く残っているせいか、40代〜50代の方々との会話は凄く落ち付きます。ホーム感があります。

人生の先輩方の話は凄く興味深くて、当時は「結婚」についてとか、「生き方」や「在り方」について実体験をよく話してくれました。飲み会で夢や目標を語ってワイワイと盛り上がっている光景は、第三者から見たら異様な空間だったかもしれません。でも、愚痴や不平不満をツマミに酒を飲むよりもずっと輝いていて、僕もこうした環境に身を置きたいと思って今があります。

マーチャントクラブは経営者の学び場、交流の場としてスタートしました。1通りしか歩めない人生の中で、ビジネスという共通要素をきっかけに人と人との交流が増えたら最高に楽しいなと思っています。

IMG_3557

いつもシェアをありがとうございます!

書籍に書ききれなかった真実の告白(50分間)

小資金で出来るビジネスモデルの詳細とは別途、実体験で得た結果に繋がるビジネスの考え方を50分の動画で公開中です。「小さくて強い会社の作り方」はこの動画で「視野と視点」を補填でさらに飛躍します。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アイマーチャントの代表取締役をはじめ8社の役員を務める経営者。 小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。2003年、個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開出来るビジネスモデルを構築。自社が得意とする6つのモデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。 著書「小さくて強い会社の作り方」「メール起業40の成功法則」