商業出版支援のマーチャントブックス(プロデュース料金一切なし)

20160130_gakko-186
マーチャントクラブでは、厚有出版の金田弘さんとの共同企画で「マーチャントブックス」というサービスを展開しています。出版プロデュース料金等の事前費用は一切かかりません。この商業出版支援はマーチャントクラブメンバーが全員が適用されます。あなたの活躍の場をさらに広げる一手として、中長期の目標として、商業出版を視野に活動していただけたらと考えています。

個々の魅力を書籍で広く伝える。新しい価値の創造。

IMG_6521

マーチャントブックスの企画設立経緯

マーチャントクラブは月1回の勉強会と交流会を欠かさず続けていますが、会う回数を重ねていけばいくほど、1人1人の良さというのが見えてきます。この魅力はクラブ内でしっかりと広まってはいくものの、彼らの輝く部分をさらに多くの人たちに知ってもらいたいと考えていました。

そこで、株式会社アイマーチャントの各媒体で、メルマガやブログで1人1人にピックアップして人柄やビジネスを紹介していたのですが、もっと何か広く伝える術があればと思っていたところ、厚有出版の金田弘さんから「商業出版支援」の提案をいただきました。出版プロデュース費用は一切頂かず、企画から販売までをご一緒させていただくという企画です。

2人で事務所で打ち合わせを重ね、時にはそのまま居酒屋で企画の作り込みをし、2016年1月に企画がスタートしました。

マーチャントブックスとは?

一言でいえば「マーチャントクラブのメンバーを商業出版で世に広めていこう!」というものです。マーチャントブックスは、出版プロデュース料金というのは一切かかりません。企画書を金田さんと僕が添削をして通過すれば、出版が確定して執筆へと移ります。書籍の販売開始と同時にキャンペーンを打ち出しますが、販促に関してはあなた1人にお任せするのではなく、話し合いを重ねてプロモーションを組み立てていきます。

直筆の手紙で1人1人に届けるような気持ちで…本に想いを込めて自分自身の分身を生み出すかのように、1冊の書籍に「あなたらしさ」を存分に注入してほしいと思います。

売れる書籍を作るという事は、我が子のように愛せる本を作る事と同意だと考えています。その想いに感化されて僕や金田さんもプローモションに益々力が入り、その熱量が、周囲にも伝染して応援に変わります。あなたが水辺に投げ込んだ石が波紋のように広がっていくイメージです。そのためには最初の一石を投じるあなた自身の想いが最も重要です。

あなたの著者人生のためにも増刷は必達目標

0725_-seminar-41
最初に出す書籍は、何としてでも「増刷」する事を最低条件にする気概で取り組んでほしいと思っています。というのも、著者としてのあなた自身の今後に大きく関係してくるためです。1冊目の書籍で増刷できなければ、野球で例えると0割バッターです。この0割バッターの烙印は日本全国の出版社が知り得る情報で、2冊目の話が来る事はまずありません。

ですが、最初の書籍が増刷してヒット性の当たりとなった際には10割バッターです。2打席目を外しても5割、3打席目を外しても3割の打率です。つまり、1冊目が売れる事で3冊目までが一気に射程圏内に入ります。これは僕が1冊目と2冊目でお世話になった山田稔さんに教わった事です。

また出版社は、言い換えればあなたに代わって数百万円の予算をかけて書籍を発刊します。出版は慈善事業ではなくビジネスなので、僕らも書籍がリリースされてからが本番という意識で取り組む必要があります。時には、あなたが一番書きたい内容を1冊目に持ってくるよりも、世の中の需要を捉えた書籍を狙って出していく事の方を優先していくという視点も踏まえて企画は煮詰めていきましょう。

僕の先輩起業家で友人でもある中嶋茂夫さんは、1冊目〜2冊目は世の中の需要を捉えた書籍をリリースし、3冊目に初めて「鉄道」という分野で書籍を出しました。打率があれば、出したい書籍を出せるという自由度がグンと上がるのは間違いありません。

マーチャントブックスの詳細や応募方法はメンバーのみ閲覧できます。

マーチャントクラブメンバーは下記をクリック後、パスワードを入力して講義と併せて詳細をご覧ください。企画書の応募方法や発行形態・発行元・想定部数・販売形態等、体裁、著者印税等もご確認下さい。

マーチャントブックスの説明と企画書の書き方、応募方法。

2016.07.02

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アイマーチャントの代表取締役をはじめ8社の役員を務める経営者。 小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。2003年、個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開出来るビジネスモデルを構築。自社が得意とする6つのモデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。 著書「小さくて強い会社の作り方」「メール起業40の成功法則」