大野君はYoutubeの経験や知識が豊富なわけではありません。でも、Youtuberになりますと宣言する背景に今回のポイントはあります。大野君はスロットだけでも生計が成り立つの程の腕前で、投資も率先して取り組んでいます。

そんな彼がYoutuberになります!と、新たな一歩を踏み出しました。誰かの代わりに時間をかけて学び、実践した結果をシェアする事で、誰でも0から価値を提供する事ができます。明らかな時間対効果は、お客さんに喜んでもらう事ができます。大野君は、クラブメンバーが比較的攻略していない分野に飛び込むとの事を選びました。それこそが、他者貢献に繋がり、輪を広げていくきっかけになるからです。

大野君は小川健太のバックアップオプション(年間顧問コンサルティング)で力を付けてきました。既に全く異なるジャンルで生計を立てているため、未体験ゾーンの0→1へ足を踏み入れるのは時間がかかったものの、今回の登壇を機会に覚醒しました。

CLUB NO.68 大野拓也さん

oonokun
セールスプロモーター
1984年11月11日 埼玉県出身

【略歴】 3DCG系の専門学校卒業後、定職には就かずパチスロで生計を立てるも浮き沈みの激しい業界に嫌気が差し、2014年からインターネットビジネス業界に飛び込み、売上1億円超えるプロジェクトと2015年に法人数社とのプロジェクトの裏側として携わり大きな経験を積む。

受け持ってきた仕事には誇りを持っているものの「このままでは個人で商品を売る力が全くない」という気持ちを抱くようになり、このまま裏側だけの人生で終えていいのか?と思い立つようになる。そして、2016年1月になり独立することを決意する。

裏側で受け持っていた顧客サポートはもっとも得意としている分野であり、多くの皆様が疑問に思っていることを解決するためには何をアドバイスすればよいのか?と、今まで蓄積してきた知識を世に広めたいと考えている。

ビジネスは第三者に役だってこそ存在価値があります。そして、どうすれば役立てるかを考えた時、既存の経験やスキルという枠組みで決める必要はありません。得意な事を活かして躓くままだとしたら、仲間やお客さんに喜んでもらえる事そのものにやりがいを感じる事で打開できます。

代わりに調べる、代わりに学ぶ、代わりに実践する、その成果をシェアするという行動は0からでも覚悟を決める事で誰もがあなたを必要とするステージに立つ事ができます。

<講義ビデオはクラブメンバー限定コンテンツです>
パスワードを入力すると閲覧する事ができます。