マーチャントクラブNO.104 渡邊建斗

工場に対して資材・工具を販売するルート営業マン…は仮の姿。多くの経営者とのパイプを持つ人脈コネクターでもあり、自らも物販業を中心にプレイヤーとして経験を重ねながらインフラサービスを構築。

渡邊建斗さん自己紹介

愛知県名古屋市在住の渡邊建斗です。マーチャントクラブ会員ナンバーが確か104番。業種は主に工場に対して、資材とか工具とか機械を販売しているような、ルート営業マンになりますね。名古屋市民なのでなまったらすいません(笑)アマゾンで物販を、まだ一か月目ですけど、月商200万突破してそれなりにいってるのかな、と。

マーチャントクラブの入ったきっかけ
菅さんの「さあ今日はだれを喜ばせようか」の一言でした。

出会いのきっかけは、知り合いが菅さんを講師に招待してのセミナーでした。おもしろい方が見えるんだなということで、ふらふらと興味本位で行ったんですけども、やっぱり話の内容、あと人柄がよかったなーというのが一番第一印象がありました。

セミナーの内容が良かったとか、お話する内容が良いというのは、どこ行っても感じることは皆さん経験あるとは思うんですけど、ただ、その他大勢と菅さんの一番の大きな違いというのが、セミナーの最後にスライドで「さあ今日はだれを喜ばせようか」という話で終わらせたんですよね。

そういう視点をもって、お話しされてる方というのが、実は僕、菅さんが初めてだったんです。すごく心に響いて、正直内容もさることながらやっぱりそれが一番、最後のその締めに持ってかれちゃいましたね。笑

逆に、僕が毎日「さあ今日はだれを喜ばせようか」と思うきっかけになったのもあったので、菅さんとの出会いというのは、自分の中でも大きなターニングポイントになりましたね。

だから、初対面の方に対してもやっぱり、ああ、俺がこの方に対してできることって何なんだろうなという、出来ることを条件反射で考えるようになりましたし、さらにちょっと掘っていくと、この人と出会ったのは多分何か意味があるんだろうなっていう。

ちょっと気持ち悪いんですけど、運命的なことで何か縁があるとしたら、俺はこの人のために何の役に立てるんだろうなっていう、出会いにちょっと意味を見出すような、人の出会い方をするようになったんですね。

正直言うとその時のセミナーの内容、もしかしたらもう覚えてないかもしれないんですけど、でも逆にそれ以上に良いことを教えていただいたという気持ちがあって、今の僕の根っこになっているような流れですね。意識してやれることになったのが、自分の一個の強みにもなったのかなという意味では、ほんとに参加してよかったなと思います。

マーチャントクラブに入って変わった事
何かにつけてウェブを意識するようにはなりましたね。

そうですね、やっぱり何かにつけてウェブを意識するようにはなりましたね。

今までは、気が向いたときに「ああ、これフェイスブックにアップしとこうかな」とか「めんどくさいからパス」とか、そんな感じでした。でも、今はこの出来事をメルマガにした場合、どういう切り口で、どのくらいの長さでとか、他にも誰か困ってる人がいたら、マーチャントクラブのあの人を紹介しようかなとか、自分のライフスタイルの中に、情景がちらほら頭の中を巡ってくるようになりました。自分とウェブの間がわりかし身近になったのかな、という。

今までは正直凄いパソコン音痴だったんです。それこそキーボード触ったらウィルスに感染して、個人情報がばらまかれるんじゃないかなぐらいの、偏見とかもあったんですけど、そういう悪いイメージは払しょくされましたね。ウェブが身近になった事、ウェブを活用したら自分の可能性が広がるかなという気づきなど、そういった意味ではおもしろいクラブだな、と。

マーチャントクラブの魅力
すごい方が、平然と何人もゴロゴロいるっていうのがやっぱり一番衝撃的ですね。

すごい方が、平然と何人もゴロゴロいるっていうのがやっぱり一番衝撃的ですね。すごい人、僕の今までの関わってきたすごい人っていうのは、どうだ俺ってすごいだろっていう、なんかその、これ見よがしな方っていうのがわりかし多かったんですけど、マーチャントクラブの方は、とてもすごい人でも、なんか隅のほうでこそこそしてるというか(笑)とても身近に感じられます。

主催者菅智晃の印象
間違いないなっていうのは会ってすぐにわかっていただけると思うんです。

僕がこんなこと言うと、薄っぺらく聞こえる可能性もあるので、結構際どい質問だなと思いつつ答えさせていただくんですけども、もうちょっといろんな方に菅智晃さんを知っていただきたいなというのが、まず前提に僕の中ではあるんです。

で、それを、どのように勘違いされずに菅さんの魅力を100%伝えられるのかなということを考えると、気安く言葉にはできないのがあるので、やっぱり会っていただいて、間違いないなっていうのは会ってすぐにわかっていただけると思うんですよ。

なので僕が感じたことを、まだ見ぬ方にも絶対感じてもらえるとは思いますし、それはたぶん第一印象で、名刺交換した時点でたぶん、感じ取ってもらえるんじゃないかなとは思うんですよね。ちょっと答えになってるかどうかわからないですけど、会って、その方が感じ取ってもらえたら、たぶん一番いいのかなと思います、はい。最初僕はもう一発で持ってかれたんで。笑

クラブにお勧めしたい人
WEB活用にまだ踏み込めていない方にお勧めです。

僕と一緒で、ウェブとか、ネットの関係に対して偏見だったり、ちょっと自分にとって敷居が高いとか、まだ踏み込めていない方にお勧めです。間違いなくいい強い刺激が、強すぎるその刺激が、心地よくなってくる時って絶対来ると思うんで、まっさらな方がいいかもしれないですね。

もちろん齧っている方が深堀していくとか、そういったこと良いとは思うんですけど、やっぱり僕とおなじように衝撃的な「何ていう場所なんだここは!!」というのは体験していただきたいですね。

そんな、すごい人たちが集まる、菅智晃さん、あ、なるほど、こういう人にはこういう方たちが集まるんだなというのを、体感していただきたいですね。

例えば、僕の関わる工場の関係ですね。製造業の関係はやっぱり年配の方が多いので、ウェブマーケティングというとホームページを作る、で終わりみたいな。ホームページさえ作ればなんとかなる、と思ってる方もいるんですけれども、それだけではなくて、もっとほかに、ウェブって楽しいんだよ、刺激的なんだよ、こうやって使うともっと世界が広がりますよっていう意味では、こういう年配の方がいる世界に、提案していきたいですよね。


インタビュー動画はまだまだあります。

マーチャントクラブに一足先に入会された方々のインタビューをフルでご覧いただけます。下記の画像をクリックすると一覧ページが開きます。

撮影編集/株式会社KNOCK