せどり部02:仕入れる商品が見つからない…セット本のリサーチ方法とは?

アイキャッチ

仕入れ資金3万円でセット本せどり実践中!マーチャントクラブせどり部 副部長の小川健太です。

せどり部Podcastも第2回目の配信となりました!初回の「せどり部01:3万円でせどりをスタートするなら、セット本!」の音声を収録した後に意気込んでブックオフに行ってみたものの、本の量に圧倒されてしまいました。

ナンパにおいて声を掛けられずにボーっとしてしまうことを「地蔵状態」と言うらしいのですが、まさしくその状態で、何を仕入れたら良いのかわからずにブックオフで地蔵になってしまいました。

そんな状態を中山部長に相談してみたところ、「セット本せどりで重要なことは事前準備です。」と大切な心構えや準備項目を教えていただきました。

セット本せどりを始める前に準備すべきこと

その1:リサーチアプリを導入する

どの商品で利益を取ることができるか?を判断できるようになることはせどりをする上で必須の能力です。全ての商品の相場を覚えることは物理的に不可能ですし、そもそもその必要がありません。「どうやって判断するか?」の方法論を覚えれば良いだけです。

iPhoneであれば「せどりすと」、Andoroidであれば「せどろいど」という無料アプリが使えます。せどりすとの使い方は別記事で解説しております。

せどりで使える無料ツール~せどりすとの使い方~

2015.08.11

その2:競合他社がどんな商品を出品しているのかを確認する

個人でセット本せどりに取り組んでいる(であろう)人のアカウントを見つけて出品している商品を確認します。ブックオフなどの古本屋で仕入れをしているのであれば、「その商品を販売している理由」があるはずです。

利益率が良いから(1冊108円で売っても利益が取れる)、商品を仕入れやすいから(どこのブックオフにも売っている)、競合が少ないから(Amazonでの出品者が少ない)などなど、様々な理由が推測されます。

image

ハッキリとした理由は読み取れないとしても、その理由を推測して自分自身の仕入れの幅を広げていくことで仕入れの時間を短縮することができます。

準備しようとするといくらでもできることはあるのですが、せどりの世界も「習うより慣れろ」の世界です。最低限の準備として上記の2つを確認した後に早速ブックオフに向かってみることをお勧め致します!

その他、FBAに納品するための備品の話や宅急便の話などなど盛りだくさんです。

今回の音声の内容をまとめると…

仕入れ前にしっかりと準備をしよう!(アプリの導入、競合他社からの事前リサーチ)
FBAに納品するために必要な備品やお勧めの宅配業者について

なお、第2話の音声収録後に中山さんとともにブックオフに向かったのですが、ブックオフでの中山さんは鬼でした…(詳しくは次回の音声でお伝えいたしますのでお楽しみに!)


Podcastでは、リアルタイムで進捗をお伝えしていきます。ご購読をお勧め致します。(というより、ご購読いただけますと嬉しいです!)

 

←【せどり部01:3万円でせどりをスタートするなら、セット本!】

【せどり部03:セット本、売れています。】→

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、大学3年の時に菅の著書を読んで、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担う等、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。 商品やサービスの開発、販促、LTVの向上施策を会員に指導しながら菅の新企画が面白そうな場合のみ、率先して関わるという楽しさ最優先の自由人。