Amazonリサーチ用に無料プラグインを2つ入れました!

plugin

こんにちは!マーチャントクラブせどり部 副部長の小川健太です。仕入れ資金3万円でセット本せどり実践中です。

せどりを実践する上で事前にリサーチすることは思っていた以上に重要です。「行き当たりばったりで店舗に向かった結果、ただ単に途方に暮れる」という話は第2回目のせどり部音声でお話しました。

せどり部02:仕入れる商品が見つからない…セット本のリサーチ方法とは?

2015.08.13

全頭検索をすると、時間ばかり掛かってしまうのでお勧めはしません。セット本せどりの場合は、店舗に在庫があるかどうか?がポイントですのでリストアップした商品のみを探せばよいというわけではありません。

これはリストアップしていく中で気づく事なのですが、セット本せどりの場合は値段がつく商品には明らかに傾向があります。その傾向は別途まとめていくのですが、このことに気づくことができたのはリサーチを実践したからに他なりません。

中山部長と話をすることでリサーチの重要性に気づいた僕は、コツコツとリサーチを進めていました。検索してみるとかなりの数の商品が見つかり、ブラウザが悲鳴を上げてしまいます。

WS000004

googleクロームというブラウザを使って、次々とタブを開いていった結果…ノコギリ状になった上にエラーでクラッシュしてしまいました。Amazonで商品ページを確認して、出品者情報を確認して、モノレートでチェックして…と進めていくと、どうしてもタブの数が増えていってしまいます。

何か良い方法は無いものか?と検索してみたところ、便利そうなプラグイン(アプリ)を2つ見つけたので早速インストールして使い勝手を確認してみました。どちらも無料のツールなので、是非チェックしてみてください!

注意事項

今回ご紹介するプラグイン(アプリ)はGoogleクロームというブラウザの拡張機能です。他のブラウザでは使えませんのでご了承ください。(PC版でのみ使えます。)

ショッピングリサーチャー

1つ目は「ショッピングリサーチャー」というプラグインです。右上の「+CHROME に追加」をクリックすることでインストールは完了です。

shoping

このプラグインを入れることでAmazonの画面上に他サイトに飛べるリンクを載せることができます。

shoping2

これはAmazonで「スラムダンク」と検索した画面ですが、赤枠で囲った部分がショッピングリサーチャーで追加された箇所です。1クリックするだけで色々なサイトへ飛ぶことができる機能は電脳せどりをされている方には便利ですが、セット本せどりを実践するのであればモノレートへのリンクで十分ですね!

また、ASINが表示されるのも地味に便利です。Amazonに出品する時に簡単に表示させることができるので、僕は必ずメモするようにしています。

mono1

新しいタブで開くのも面倒だ!という場合は「グラ1」をクリックして貰うと、同一タブでこのような画面になります。

mono2

右上の「閉じる」を押すことで元の検索画面に戻り、新しくタブを開かずに作業をすることができます。

個別ページでの表示はこんな感じになります。

kobetsu

ランキングの推移を確認することができるのは便利ですね!価格推移の欄もあるのですが、新品価格しか出てこないようです。その点は残念…

なお、2回目のせどり部音声でお話している「ライバルが出品している商品からリサーチする」という方法でも、このプラグインは有効です。

price01

Keepa.com – Price Tracker

もう1つのプラグインは「 Keepa.com – Price Tracker 」です。こちらも1クリックでインストールすることが可能です。

price

このプラグインでできることは、Amazonでの価格変動をAmazonの商品ページで確認することができます。ショッピングリサーチャーで中古価格の推移が確認できないことは先ほどお伝えした通りですが、その部分をカバーできるのが「Keepa.com – Price Tracker」です。(下記のグラフの部分です。)

price2

セット本せどりの場合はあまり関係が無いのですが、Amazon本家の在庫がいつまであったか?という部分も表示してくれます。在庫復活しているかどうかを確認することができるので、新品でせどりをされている方は判断基準として使えるのではないでしょうか?

リサーチを開始する前にひと手間加えることで、トータルの作業時間が全く変わってきます。使えるツールはどんどん使っていきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、大学3年の時に菅の著書を読んで、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担う等、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。 商品やサービスの開発、販促、LTVの向上施策を会員に指導しながら菅の新企画が面白そうな場合のみ、率先して関わるという楽しさ最優先の自由人。