【せどり実践報告】8月の売上は37,681円になりそう。

uriage

※せどり部企画の歩みはコチラからご確認ください※

マーチャントクラブせどり部へようこそ

2015.08.02

せどり部01:3万円でせどりをスタートするなら、セット本!

2015.08.08

せどり部02:仕入れる商品が見つからない…セット本のリサーチ方法とは?

2015.08.13

せどり部03:セット本、売れています。

2015.08.27

こんにちは!マーチャントクラブせどり部 副部長の小川健太です。仕入れ資金3万円でセット本せどり実践中です。

先日、アップした売り上げ報告記事が思いのほか好評でして、調子に乗って続編をアップしてみることにしました!

【せどり実践報告】4日間の売上が16,418円

2015.08.16

前回報告したタイミングはFBAへ納品し販売開始してから4日後だったわけですが、あれからもう1度FBAに納品して販売を続けた結果…

S__10551300

8月の売上合計は37,681円となりそうな感じとなりました!

せどり部の音声の方でも語っておりますが、Amazonの入金サイクル(2週間に1度)より短いスパンで仕入れを行っていたため、資金的に厳しい状況が続いております。(笑)

…とは言え、新たに売れた商品もありますので、ピックアップしてご紹介していきます!

大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS

sumabura sumabura1

カートにはすぐに入れられたのですが、決済完了されるまでに少し時間が掛かりました。(不用品の販売となります。)

新品で買うつもりが近くのお店で売り切れていたのでブックオフで購入した記憶がありますが、全然プレイすることなく出品することに。3,880円での販売となりましたが、ブックオフでの買取価格よりは確実に高値ですね!ゲームのことを考えた時でも、遊ばれることなく眠っているよりはプレイしてくれる人の元に行った方が幸せなはず…!!

大富豪になる人の小さな習慣術

daifugou daifugou1

珍しく単行本が売れました!家に眠っていた書籍の1冊で、調べたらたまたまプレっていたのでFBAに出しておいたら売れました♪もっと高くして置いておいても良かったのですが、回転率重視の価格です。なお、ブックオフに仕入れに行くたびに本棚は覗いていますが、未だ見つけたことはありません。笑

タッチ全11巻完結(ワイド版)

tacchi tacchi2

言わずと知れた名作「タッチ」のワイド版の全巻セットとなります。全11巻セットをブックオフで1,188円(108円×11冊)でゲット致しました!甲子園があったこともあって、ランキングが上がっているところに上手く販売できました♪(なお、しっかり読んでから出品しました!夏の名作です!)ブックオフで見つけたら、再度チャレンジしたい商品です。

ドカベン 文庫版 全31巻

dokaben dokaben1

同じく夏の名作「ドカベン!」です。文庫版は全31巻なのですが、最初の10巻程度は完全に柔道マンガという驚き…中学生ぐらいの頃に集め始めてみたものの、8巻ぐらいで力尽きてしまって柔道をやっている姿しか記憶になかったマンガです。(笑)全巻ブックオフにあったので一気に仕入れて、一気に読んでから販売しました。6,700円で販売したのですが、少し安すぎたと反省しています。こちらも再び見つけた時にはしっかりと仕入れたいと思います!

沈黙の艦隊 全16巻完結

chinmoku chinmoku2

かわぐちかいじさんの「沈黙の艦隊」です。16巻セットで3,500円で販売できたのは美味しいですね!これはリピートしたい商品なので、積極的に狙っていきます♪

値段の付け方を考える

以上、簡単ではありますが、売れた商品の紹介をさせていただきました。実際に販売を行ってみて感じることは値段の付け方が難しいということです。セット本自体が結構回転の良い商品なので、見る時々で商品価格は変わります。(そして同一のセットを複数揃えるのが難しい。)

完全に回転率を重視するのであれば細かく値段を確認して最安値を取りにいけば良いのですが、即売れしても入金されるまでに2週間という時間が掛かってしまう点に難しさを感じてしまいます。そうであれば、1週間後に売れる形で良いので少し高く売れた方が良いのでは?と…

Amazonを出品者側から見ると、価格の仕組みはオークションに似ています。安く売る方向に走るのは簡単ですが、ビジネスとして成り立たなくなってしまいますよね。そうであれば、ある程度自分で価格を決めたら、しばらくは動かさないのが良いのではないでしょうか?定めた期間で売れない場合に価格を調整するのを繰り返していくことが適正価格で販売するコツのような気がしています。

自分自身で実践してみて気づいた点があれば、また更新していきます!


 

Podcastでは、リアルタイムで進捗をお伝えしていきますので、チェックお願いします。(というより、ご購読いただけますと嬉しいです!)

ABOUTこの記事をかいた人

2008年、大学3年の時に菅の著書を読んで、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担う等、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。 商品やサービスの開発、販促、LTVの向上施策を会員に指導しながら菅の新企画が面白そうな場合のみ、率先して関わるという楽しさ最優先の自由人。