本日は定例会にご参加いただき
誠にありがとうございました

マーチャントクラブ本部代表の菅智晃です。
本日の支部定例会へのご参加、お疲れ様でした!

各支部の定例会にもぜひお気軽にご参加ください。

福岡支部、埼玉支部、東京中央支部、
江戸川支部、横浜支部、新宿支部、海外支部、

WEB3.0支部、大阪支部、湘南支部。

全支部のスケジュールはこちらから確認できます。
ぜひ事前に押さえていただけたら嬉しいです。

また、所属支部以外の定例会に毎月1回無料
参加する事が出来ます。(2回目以降3,000円)

お気軽に支部総合グループから
興味のある会にご参加ください。

ゲストでご参加下さった方は、
先ほどのアンケート内容を元に
代表または事務局長からご連絡いたします。

本部・支部会員の方へ需要アンケート

9周年記念で発表したNUMAサービスは希望者が4名いましたが結果は0名となりました。当時のハードボイルドなスタイルは恐怖が先行してしまうのかもしれません。僕も命を削るかの如く修羅と化して望むスタイル。

今回はNUMAとは別途、本部会員・支部会員への共通のアンケートとなります。

まだ、どのような設計になるかも未定ですが、商品開発の完成保証を付けた伴走サービスがあったら希望されるかどうかのアンケートです。菅自身が責任を持って伴走をする、もしくは信頼している支部代表を指名する、僕が間に入って最適な方を紹介する等、さまざまなカタチが考えられます。

事の発端は、本部定例会で講義をしていた時。年間1000万の売上を無形サービスで作る事が出来れば、利益率は都度変わるけれども「少なくとも生活に困る事」はなく、挑戦できる事が広がるのではないか?という話題になりました。

(余談ですがその額だと埼玉支部代表のふゆかさんは生活出来ないという判定になりました。)

また、これまでの22年間を振り返ると「OEMモデル」も打ち出し方によって非常に有効ですが、「講座モデル」も継続と継承が自在に出来るため、うちの会社では主力となっていました。(詳細は小さくて強い会社の作り方の書籍に全モデルを掲載しています。

結局、コンテキストを整えた商品やサービスが開発出来ていない、もしくは単価が低いための不振が、壁を乗り越える事を阻んでいると思うのです。集客や販促以前に「心から広めていきたい商品」は持っていますか?

もし仮に、人生を通じて「広めていきたい商品」が出来たら、今よりもっと楽しくなりそうじゃないですか?お客さんを喜ばせる商品、助けになる商品を0からしっかり作り上げる事が出来れば、情報発信をするにしても全然熱量が変わってきませんか?

心の底から湧き上がって構築した商品を、ある程度の単価でしっかりと提供する。笑顔を伝染させていくには、スタート段階のあなたが1番の笑顔でないと始まりません。過程も楽しいほうがビジネスライフは良いですよね!

もちろん、世の中には僕よりも凄まじく売上げている方がごまんといますが、数十万〜数百万という商品は幾度となく設計してきました。そしてビジネスは生き様。福岡支部の田原さんとも長い付き合いになりますが、彼もこの数年多くの経験を重ねています。本部にも何名かいます。

構築経験がある方は自分で作った方が売上が大きいというのは間違いなくあるかと思いますが、一生懸命構築していく仮定を伴走するのは、クライアントが主役の映画を特等席で見るようなロマンがある!

現状のイメージでは30万〜120万あたりの商品開発を、伴走者をしっかりつけて完成まで走らせる。取り扱いやすい商品の単価となるので、仮に月1名の成約だと年間で360万〜1440万円に留まりますが、商品を作りきるという体験価値はもちろんのこと、この時代を駆け抜けていく上でのターニングポイントになる方も多いと思うのです。

でも、それ以前に上記の単価でサービスを打ち出す事に不安になる方もいますよね。

30万円の価値を生むのは難しいと感じている方は、いくつかのポイントを押さえれば自信に変わります。また、上記の価格帯での販売経験がない場合も一瞬戸惑ってしまうかもしれません。が、これも壁打ちを重ねて作り込めば、あなたの自慢のサービスになります。このあたりは何も問題がありません。

そこまでの価値がないと感じているものに対して、数倍の価格帯で売るというのは絶対にあってはならない事。お客さんに喜んでもらう対価として相応にしていくのが基本中の基本です。

ただ、カテゴリによっては難しいと判断する事もありますし、お客さんに喜んでもらえる事が第一という価値観であれば、需要のあるサービスを未経験でも立ち上げていくというスタイルも取れます。

いずれにしても、新たな取り組みをしていく上での最大の弊害は「期限がない取り組みに、自分で期限を付ける事が難しい」という事豊富な構築経験のある人が伴走者になり行動スケジュールを話し合って毎回しっかり組んでいく事が最重要だと考えています。

制作期間は長引くほどに例外なく「作業量」は落ちていくので、90日前後で完成させる事を目安に考えています。集中して先延ばしに終止符を打つ、蓋をしていた事に向き合う、この機会に最高の商品を作る、理由は様々。

本部会員、支部会員共に興味関心があるという方だけ、少しだけアンケートにお答えください。

アンケートフォーム



無料ライブ配信と収録の配信

Monday Night Meeting(Xスペース、facebook、youtubeで同時配信)
バババ会議(Instagramにて配信)
ビジョナリータイム
クリエイターの楽屋裏(Xスペースにて配信)
ベースボール雑談(stand.fmにて配信)
TOP3%コーチング(stand.fmにて配信)
マーケティング ウラ話(stand.fmにて配信)
Yoko’s journal(facebookにて配信))
ばななマーケティング(stand.fmにて配信)
バタバタラジオ(stand.fm、facebookから同時配信)
休日会議(stand.fm、Applepodcast、Googlepodcast、Amazon music、Spotifyにて配信)

マーチャントクラブ会員の「定期ライブ配信」と「定期収録配信」の一覧と番組紹介

週間配信カレンダー

スマホでご覧の方は横にスライドできます

番組
9:00更新 REC
田原靖識
ビジョナリータイム

Youtube

8:00更新 REC
朝光哉絵 / 日向将圀催
マーケティング ウラ話

stand.fm

22:00〜 LIVE
森本秀樹
トップ3%コーチング!

stand.fm

20:00〜 LIVE
飯島裕之 / 田﨑慎也
クリエイターの楽屋裏

xスペース

10:00~ LIVE
馬場ふゆか / 横田寛明
バババ会議

Instagram
番組
22:30〜 LIVE
森山はるみ / 安達知仁
ばななマーケティング

stand.fm

21:00〜 LIVE
井口宏大 / 山口義隆
MNM

xスペース / facebook

22:00〜 LIVE
柴田晴香 / 松﨑康学
バタバタラジオ

stand.fm/ facebook

21:00〜 LIVE
瀬尾洋子 / 設樂和久
Yoko’s journal

facebook
番組
夜間更新 REC
菅智晃 / 小川健太
休日会議
 
stand.fm etc

22:00〜 LIVE
設樂和久
ベースボールビジネス雑談

stand.fm

※掲載希望のマーチャントクラブ会員の方はこちらへ※


さあ!今日は誰を全力で喜ばせようか!

2024年10月19日はマーチャントクラブ10周年。本部、支部、ゲストの垣根を超えて年に1度だけ集まる周年記念。ぜひ日程を空けておいてください。

また、各支部について知りたい事や本部について聞きたいという場合は、お気軽に菅まで連絡をください。支部に関してはスムーズに代表にお繋ぎします。

菅智晃|SUGA TOMOAKI

ビジネスクリエイター
マーケティングプロデューサー

株式会社アイマーチャント代表取締役、YOUSEED株式会社取締役、株式会社ハルケーション取締役、株式会社KNOCK顧問、ニーズマッチ顧問 etc。

2003年、個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立。実体験で築いた6つの年商1億円モデルの体系化して出版。小規模事業者のコンサルティングやプロデュースに従事。 広告費0円で1億3000万円の売上は粗利益70%。

WEBの効率効果を駆使して1億円の売上、常時50〜60のサービスを実質1人で運営する効率化など、ビジネスクリエイターとしても活動。 一方で、小資金戦略のパイオニアとして、年商1億円未満の小規模事業を中心にと顧問コンサルティングに2007年から開始。未経験者が7割の中、過半数が経営者として独立。

独立志望者には何度でも0から立ち上がれるマーケティングスキルの徹底周知、フリーランスを含む技術者には労働収入型からの脱却を指導。時間と収入の両面を自由にしていくライフスタイルを推奨する。

2013年に引退を考えたものの、出版を機に多くの方々と出会い奮起。ビジネス環境を整え、翌年に挑戦者を等しく歓迎するマーチャントクラブを設立。本部の他、全国8支部に展開。マーチャントブックスでは全シリーズの監修者として輝く経営者の認知拡大に努める。

また、就職と起業が全ての方にとって同列の選択肢となる時代作りを目標に、セミナーや講演を開催。好きな事は起業志望者や経営者との交流。プライベートも99%がビジネスで出会ったクライアントやパートナー。 現在は中小企業から上場企業までマーケティングを中心としたアドバイザーやプロジェクトに参画。

ビジネススタイルのモットーは「さあ今日は誰を全力で喜ばせようか!」を信条に独立22年目を迎える。

著書「メール起業40の成功法則」「小さくて強い会社の作り方」。監修著書「UP-BLOG 申し込みが止まらないブログの作り方」「ずーっと売れるWEBの仕組みのつくりかた」「人生もビジネスも流されていればうまくいく」ほか計4冊。