個人でも導入しやすいサブスクリプションモデルとして、コミュニティを基軸とした会員制に注目が集まっていますよね。

2003年〜2007年当時は、CGI配布サイトでChildTreeのBBSを使ったものや、OPENPNEで自社SNSを立ち上げて運営したり、オンラインとオフラインで「ノウハウ提供+ミュニケーション」が主流でした。

昨今はそこから様々な形態が派生しています。ファンクラブ型、プロジェクト参加型、ノウハウ提供型、研究型、マッチング型、趣味同好会型などなど。その中にも、初速の入り口として使う型、複合的に組み合わせて独自性を出していくケースも多々あります。

ただ…一概には言えませんが、コミュニティ運営という点で数々の自社SNSサイトが消えていったように、昨年立ち上がったオンラインサロンの過半数は過疎化して無くなってしまうでしょう。

その理由は、自身が向いている「型」を理解せずにファンクラブ型で初動を駆け抜けるモデルを真似してしまったり、過剰サービスで負荷とメリットの釣り合いが取れなくなってしまったり。

価格と作業負荷のバランスを間違えたり、人数が増えれば増えるほど負荷がかかるモデルを選択しながら、人数を追いかけてしまったり。設計を間違えて過疎化して消えていく9割にならないためには、相応のやり方というものがあります。

各言う僕も失敗を重ねてきた1人で、10を超える月額サービスの立ち上げと運営に携わってきました。今回は自身でもオンラインサロンを立ち上げて、様々な検証を重ねている戸張賢治さんに講師として登壇していただきました。

オンラインサロン(月額会員モデル)の実情

avatar
それでは数分ほどではありますが概要をご説明します。
講義本編は下記よりパスワードを入力してご覧ください。

第51回マーチャントクラブ東京勉強会

第51回マーチャントクラブ東京勉強会 / グラン・エクシード株式会社 戸張賢治講師
テーマ


オンラインサロン構築&攻略 -サブスクリプションモデル –

前半講義

1時間30分43秒

後半講義

43分59秒


マーチャントクラブでは過去の講義ビデオをいつでも振り返る事ができます。(講師によっては当日参加者のみに公開する部分があり、ビデオでは非公開になる場合があります。)また、勉強会では交流会も含めて自由に質問が出来る環境がありますので、当日参加をお勧めいたします。

※過去の講義となりますので講師の方々へ直接の質問はご遠慮ください。クラブメンバーの方で、わからない部分や聞いてみたい事は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。勉強会のテーマも随時募集しております。