ブログとメルマガを駆使して農耕型へ意識を切り替えよう。

20151115-87
第13回は2016年の未来予測という引きで今後のビジネスの流れを語り、集客する上で必要となるブログとメルマガについて、何をどう書けばどのような効果があるのか等、具体的な話を初めてしました。

情報発信が大事という事を理解出来ても、行動に移せない人は効果が漠然としていて、マネタイズまでのイメージが出来ていないためです。せどり(転売)であれば、コレを購入すれば、1ヶ月くらいで売れて、おおよその利益はいくらというわかりやすい指標があります。が、情報発信に同じベクトルのものを求めると腑に落ちるまで時間がかかるという事もアンケートの結果でわかりました。

個人でビジネスに取り組みはじめた人の多くのは、ビジネス=狩猟型のイメージが強いです。今すぐ客に対してピンポイントで商品を提示する方法や、大量のアクセスを引っ張ってきて、そのうちの何%かが確立論で購入至るいった狩猟型モデルです。今すぐ楽して簡単にというフレーズと相性も良く、リテラシーが低い初動のプレイヤーは、こうした情報に魅了されて振り回されてしまいます。

しかし、実際に狩猟型のモデルを提案している販売者も、農耕型でコツコツと基盤を築いているケースが大半です。農耕型モデルは地味に映るために、やればやるほど競合は勝手にいなくなり、独壇場のポジションをとっていけるようになります。

今回はかなり気合を入れて、持ちうる情報をわかりやすくシェアしていきました。個人的に何度も見てほしい回です。

<MERCHANTCLUBBOX13-1 講師 菅智晃>79:31

・無料コンテンツに溢れる今を乗り越える2016年版マーケティング施策とは?
・時代は狩猟型から農耕型へ!ここ10年間での業界の大きな変化とは?
・さらに加速する農耕型の流れを受けて、個人が取るべき選択とは?
・結果を出している人ほど農耕型ビジネスである事実。狩猟型は”飛び道具”とは?
・コンテンツ無料が常識化する中、取るべき施策は○○顧客へのアプローチです。
・顧客がインターネットに求める情報は変化しています。変化からの逆算でやるべき事。
・ビジネスは恋愛と似ている!?恋愛で考える顧客との距離感の取り方とは?
・ビジネスの本質は役立つ事です。それ以外のビジネスが存在してはいけない理由とは?
・インフィード広告は淘汰される?迷走する広告にちょっと待った!と言いたいところ。
・オウンドメディアに踊らされてはいけません。メディア作成時に抑えるべきポイント。
・商品ライフサイクルが短縮されている今、長期間商品を売るために販売者がすべき事。
・資本力不要!アイディア勝負の「コンテンツマーケティング」とは?
・コンテンツマーケティングの強みは”蓄積”です。蓄積による大きすぎるメリットとは?
・自分都合でビジネスを展開しても大した成果は上がりません。成果を上げる視点とは?
・最短で成果を上げるためには「○○されること」だけを意識しましょう。
・成果が出ていない人に欠けている部分です。情報発信をする本当の理由とは?
・自分のやりたいことが仲間の利益になり、お客さんへの価値提供になっているか?
・大切なのは使い方です。2016年を生き抜くために必要な3つのメディアとは?
・ビジネスを成立させるために確実に抑える最重要メディアとは?
・利益無くして理想無し。経営者として情報を発信するレバレッジの威力とは?
・情報の価値を判断するのはお客さんです。情報発信の際に必ず体験を書く理由とは?
・顧客が求めているのは答え。情報を発信時には必ず○○することを意識しましょう。
・ユーザー視点に立つと見えてくる、絶対にやってはいけない情報発信方法とは?
・やらないことを決めることは大切です。等身大で語るからこそ伝わるものとは?
・実績のない人は○○をしましょう。人を惹きつける情報を提供する方法とは?
・ブログがシンプルすぎてわからないことはありません。回遊性の向上を意識する理由。
・ブログ構築のゴールは「CTA」です。最重要項目の設定方法とは?
・プロフィールの書き方のコツは9つの項目を埋めるだけ。
・プロフィールの中には学びを散りばめましょう。適切に伝えるタイミングとは?
・自分が壁と感じたことを記事にすることが有益なコンテンツとなる理由とは?
・成功哲学を真に受けてはいけません。裏切られた実体験が伝えられることとは?
・ビジネスブログにプライベートは載せるべき?明確な答えをお伝えします。
・「書く記事が無い!」とは言わせません。具体的な17個のブログネタを伝授します。
・5つの大カテゴリを抑え、バランスよく散りばめることで媒体として安定します。

<MERCHANTCLUBBOX13-2 講師 菅智晃>101:44

・ブログ記事攻略方法を公開します。書きたい記事と求められている記事が異なる理由。
・ノウハウ記事の目的は”信頼”を獲得することです。信頼を得るシンプルな記事構成。
・【悪用厳禁】あなたの理想のお客さんを呼び込むためのセグメント記事テンプレート。
・質問は答えれば良いものではありません。あなたの好感度を上げる質問回答方法とは?
・失敗事例でも、あなたの信頼度をグーンと上げる事例記事の具体的書き方とは?
・【初公開】ブログ記事でお客さんを呼び込み、販促導線に繋げる4つのパターンとは?
・パターン1:お客さん自身が悩みを自覚している「悩み解決型」で導きましょう。
・パターン2:お客さんが必要性を自覚していない「目標達成型」で導きましょう。
・パターン3:競合他社商品と比較して優位性がある場合は「競合比較型」で決まり。
・パターン4:唯一無二の価値提供!「ストーリー型」で心にダイレクトに届けよう。
・購入者の声はまとめずに1記事ずつアップしましょう。その理由とは?
・リピート施策と新規集客を同時に達成する「感想記事」の書き方とは?
・販促協力を得た時には「紹介者を紹介する記事」を書きましょう。威力を解説。
・お客さんと自社の両者の利益を伸ばすアップセルを提案する記事の具体的な書き方。
・ブログ記事で「フォームに誘導する」理由は○○するため。この観点は欠かせません。
・お客さんを依怙贔屓する姿は積極的に見せていきましょう。具体的手法を伝えます。
・個人の誹謗中傷はやらない。ただ、○○に対して異を唱えるのは問題ありません。
・Facebookにだけ注力するのはやめましょう。ストックメディアに蓄積すべき理由とは?
・書いた記事をSNSに投稿するのに抵抗がある人は○○記事の時だけ投稿しましょう。
・メインは間違いなくメルマガです。メルマガとブログの使い分けで考えるべきこと。
・商品の作り方にも繋がる重要ポイントです。メルマガの立ち位置は○○を育てること。
・商品を作ってから販促するのは間違いです。取り組むべき情報発信のスタンス。
・情報提供でセールスを提案に変え、セールス無しで商品を売れる状況の作り方とは?
・販促時に波を作る理由は「購入のキッカケ作り」です。決して煽っていけない理由。
・あなたのメルマガを読む理由を明確にしなければいけません。伝えるべき内容とは?
・ブログネタ14項目×4パターン(56種類)を一挙公開します。
・企業にはできない、個人だからこそ伝えられるメッセージとは?
・日々のメルマガ発行でお客さんとの関係性が決まる。メルマガ発行の頻度の考え方。
・残念ながらメルマガタイトルは重要です。開いて貰うためのタイトルの付け方とは?
・興味のある人だけを抽出するメルマガ分岐方法と反応を高める6つのフレームワーク。
・セールスをWEBだけで完結する理由はありません。対面で成約率を高めて販売するコツ
・メルマガは読者獲得のルートが重要です。焦って読者を獲得する必要は無い理由とは?
・読者獲得の方法に裏ワザはありませんが力技は存在します。リスト獲得の術を公開。
・アイマーチャント流ノウハウ発掘方法を公開します。個人で出来るオファーの仕組み。
・プロダクトローンチを安定させるコツはターゲット変更。その理由とは?
・無料レポートは登録するだけでは意味がありません。登録後に努力すべきポイント。
・秘密裏に展開される日本で一番濃い読者を集める方法とは?


 

MERCHANT CLUB BOX Vol.13

マーチャントクラブメンバー限定

マーチャントクラブメンバーは「クラブ限定メールマガジン」から閲覧できます。クラブメールマガジンに記載されているURLをクリックして下さい。

20151115-87

いつもシェアをありがとうございます!

書籍に書ききれなかった真実の告白(50分間)

小資金で出来るビジネスモデルの詳細とは別途、実体験で得た結果に繋がるビジネスの考え方を50分の動画で公開中です。「小さくて強い会社の作り方」はこの動画で「視野と視点」を補填でさらに飛躍します。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アイマーチャントの代表取締役をはじめ8社の役員を務める経営者。 小資金戦略の第一人者として顧問コンサルティングでは、未経験者が7割を超える中、過半数が経営者として独立。2003年、個人インターネットビジネス黎明期より資金3万円で独立し、多岐に展開出来るビジネスモデルを構築。自社が得意とする6つのモデルを基軸に、独立起業の登竜門としてコンサルティングとプロデュースに従事。 著書「小さくて強い会社の作り方」「メール起業40の成功法則」